身近にパソコンやスマートフォンなどの情報機器が多く存在するようになり、生活や仕事の役に立っている。
それらは皆、開発者によって生み出されたものであり、今後さらに開発者の人材が必要になる。
ソフトウェアの規模が大きくなれば、一人のプログラマでは到底手に負えない。そのため、一つのソフトウェア開発に大勢の開発スタッフが参加している事案が多い。ソフトウェア開発を行っている会社では、頻繁にプログラミング技術者の募集を行い、必要な開発スタッフの水準を保っておく必要がある。

一方で、少子高齢化が要因となって、若いプログラマの人口が少なくなりつつある。今はまだ業界では、ベテランや中堅のソフトウェア開発者がいるため、ソフトウェア開発現場では人材の水準を保っていられる。
しかし今後世代交代が進んでいけば、プログラマの人口が減少していく可能性が高い。

これからもソフトウェア開発の技術者を募集して開発規模を維持し、さらに拡大させていくためには、プログラミングの学習を容易にし、ソフトウェア開発の人材の獲得のための素地を整備することが大切である。
少子高齢化の問題は簡単に解決することができる類のものではないため、事前に余裕を持って人材確保のための対策を講じておくべきものである。

すでにソフトウェア開発者を育成するための多くの試みがされ、これからの次代を担うことになる若いプログラミングエンジニアの育成に力が入っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です